読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産投資で不労所得3000万円/年!を得るブログ 〜シロウトからスタート編〜

不動産不労所得3000万円を得られるようになるために、考えたり行動したりするブログ

頭下げさせてください!

アパートがうかつにも買えてしまった!(決済はまだだけど)

だけどこれは始まりにすぎない。

一棟だけじゃあ意味がない。成功は積み重ねるもの。と誰かが言っていた気がする。

 

そんな基本に戻って、やはり融資は受けるべきと判断。

正直200万の物件なので、融資は受けるまでもない。

だけど、一度融資を受け、しっかり返していけばこれは信用になる。

2度目の融資は出やすくなるのだ。

 

しかも不動産担保は十分つくと思われる。

キャッシュフロー的に問題ない。問題ないぞ!

 

さて、もう一度頭をさげる時間だ!

ぜひ融資をお願いします!頭を擦り付けて儲けさせてもらおう!

 

 

アパート買えちゃったけど笑

ありゃ、アパート買えてしまった。

 

 

静⚪︎⚪︎⚪︎銀行のこんちくしょうに2ヶ月も思わせぶりな態度を取られて返事を待たされたり

⚪︎岡銀行にも現金1000万を出したら1500万貸してやるとか、

いじめられたけど。

ほんと、今後もお前らなんかの手は借りないからな!ぺっぺっ!!!

 

最初が最大の難関。あとは転がしていけるはず。

一件目はキャッシュで(200万)買うことができる。

めちゃボロボロだけど毎月8.5万の収入がある。(収益率51%)

もうちょっと工夫すれば収益率90%!(すごいよね!?)くらいまで持っていけるはず。うしししし。

上物はボロボロだけど、土地の価値はある。

というか収益的にも2000万近い価値があるんではないだろうか。

だけど、ここがスタート。

こいつを担保に入れて借りてやるぜ!

やったー!スタートが切れる!!

 

 

めちゃありがたいお話をいただけてよかった。

いじめっこもいるけど、拾ってくれる方もいる。

仲介に入っていただける方もめちゃめちゃいい人で、昨日も黒糖ドーナツをお土産にいただいてしまった。(自分って単純だな)

 

 

本当に運がいいのだけど、状況としてはこんな感じ。

 

・ボロボロのアパート

・まわりにはあんまりアパートがない

・電車の便は悪くない

・所有者は、もう面倒くさいから管理したくない 売りたい

・実際アパートは本当に放置のボロボロ 一棟のうち半分がメンテ不足で雨漏り でも放置

・ボロボロだけど需要はある。ほどよく田舎で、まわりにも敢えてアパートを建てるという人もいなさそうな感じ。たぶん。

・雨漏りの部屋も少し直したらだましだまし使えるかも?ボロくて安いのが欲しいという需要を探してみたい

 

 

あとは、しっかり契約・決済を行うだけ。

最後のところまで、かちっとやる。そして早く!

ここで油断はしていけないのだ!

 

よっしゃ先が見えてきたぞ!!!

 

投資家への道は(最初だけ)厳しい。

銀行に対して、7だか8だか?連敗中。

 

このまえS銀行に1550万の融資をお願いしたら、1000万現金入れてくれって言われた!なめんなよ!

 

さて、不動産融資の一番大きな壁と二番目に大きな壁はこ存じでしょうか?

一番は家族や親族の反対。

二番は一棟目の購入です。

これは自分が勝手に決めました。

 

家族については、一緒の方向を向くというのが大事です。

これは自分たちが幸せになるための戦略なんだよ。一緒に幸せになろう。

この自分「たち」ってのが大事ですね。

自分だけが仕組みを理解していてもダメで、家族や特に奥さんには将来こうなるんだということを分かってもらわないといけません。

 

さて、第二の難関は一棟目の購入です。

銀行は二棟目の購入には賛成してくれやすいです。

不動産を持っていない人はただのサラリーマン。持っている人は投資家です。

投資家には銀行も優しい。融資が甘い。審査のステージが違います。

 

 

今回、200万で買える物件を見つけました。

一部屋ではなくて、一棟です。笑

収益率48%!!!

すごいでしょ?何としても買いたい。現在交渉中です。(値段を含めての話なので先ほどの記述はちょっと大げさですね)

 

株取引の敵はプロの投資家ですが、不動産経営の敵は素人です。

今回の物件もすぐ手放したいという要望を持っているお年寄りの方です。

何せ物件もボロボロなので、いつ壊れるかわからない。直して使える人は使ってくれという物件。

銀行に8連敗中の自分には御誂え向きといったところでしょうか。

 

自分の場合、上記の物件で第一、第二の壁を突破します。

難関は最初にしかないのです。この200万の現金で投資家への道を切り拓きます。

 

お楽しみに!(自分が)

 

おやすみなさい!

 

⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎銀行めこのやろう!

出ないなら出ない!出るなら出る!

そうはっきり伝えるのが筋じゃないのかーーあ?

 

出そう出そう!

もうすぐ出ます。

あの書類ください。これで全てです。もう出ます。

こっちはだめでしたけど、こっち側でやるから大丈夫です。

あの書類もらってませんでした。

もう出ます。

これどうなってましたっけ?

もうすぐ出ます。

 

あの、大変申し訳にくいんですが。。。 ← ここまで引っ張ることなんと2ヶ月!!!!!!!!

 

 

てめーっ!!!

 

他のところは1週間で返事きたぞ!

少なくとも変に期待も持たせなかった!!

 

というか1ヶ月経った後、やっぱりあの書類ください。とかー!おかしいだろ!!こら!

これがその人の命をつなぐ融資だったらどうなっていた!?

 

んで最後はー!自分の仕事のできなさを会社のシステムのせいにしやがってーー!

さんざん横着して最後は嘘つきか!

このおたんちんめ!!!

 

お前なんかに期待した俺がバカだったよ!

なんか他の人から聞く評判は良くないけど、まあ融資してくれるならいいかー。

じゃねーわ!ばかっ!

評判通りじゃねえか!この嘘つきめ!

 

お前にはがっかりだよ。

 

 

さて、まずは小型物件でも買おうか。

融資の実績を作るのはそれからでもできるか?

もうお前んとこには行かないからな!

デザイン=こだわり?逃げ道?価値観?

先日自分のボールペンを見て思ったのだけど、なんかちょっとカッコよくないなと。

使っていたボールペンは、4000円とかそんなくらいで買って、かなり前から使っていたけど、かなり使い込まれた感があって、んー。今となってはちょっと効果が切れてきたか?

 

新入社員くらいの時に「よーし、カッコよく仕事するためにペンにもこだわるぞー!」といってかなり勇気を出して買ったように思ったけど、んー。その時読んだ「一流の社会人とは!」みたいな本に影響されている気もする。

 

一流の仕事をする一流の男は、一流のペンを持っている。

で買ったペンが4000円。

高いとか安いとかではなく、価値観が値段だけになっていたんだなあ。(かつ自分の勇気を出して払える額が4000円だった)

 

本当に高いペンを探せばいくらでもあるわけで。

当時の先輩が胸にさしていた2本のペンは自分の買った中古車より高かった笑

完全に勝ち負けが付いてしまうのでした。

 

 

それで、ラミーのペンとかいいなと。

ドイツの安いペン(という位置付けだけど日本に入ってくるとちょっと高いペンの位置付け)だけど、デザインがパキッとしててカッコいいので。

 

「おれはこんな高級ペンが買える一流の男なんだぜ」的な1ラインしかない価値観の競争から離脱する。それが、デザインだったりする。

自身の生き方といってもいいかもしれないし、言い訳といってもいいかもしれない。

 

 

さて、話は不動産に戻って、

あなたはどんな家に住みたいか。

 

駅まで徒歩2分のところに庭付き一戸建てを建てたいのか?

はたまた秘境の中のログハウスとか?

 

ただ、一般的にはおのおの財布との相談もある。

もし、「本当は一戸建てに住みたいけど、高いからマンション賃貸」だとしたらそこには、自分を納得させる、何かしらの言い訳やこだわりが欲しいところ。私だったらほしい。

 

30億円の広い家と、1000万の狭い家があります。30億の家にしましょう!

って言われても困るわけです。

 

「この家は、有害物質を使ってないからこれにする!」

風水住宅いいね!これにします」

 

こちらから逃げ道?いいわけ?こだわり?を探してあげなくてはいけないのです。