不動産投資で不労所得3000万円/年!を得るブログ 〜シロウトからスタート編〜

不動産不労所得3000万円を得られるようになるために、考えたり行動したりするブログ

代替可能人間

 

どんな仕事でも誰かと代替可能だろうか?

自分がやらないと誰もできない。という仕事はあるか?

 

基本的に代替は可能だと思う。人間一人のできることはやはり、他の誰かでもやってできることなんだろうなと。

自分に期待して貰える人がいれば応えたいと思うけど、それも他の誰かで良いのならば、あんまりやる気になれない。人の役に立てたとしても、まあ今はたまたま役に立っただけ。自分がやらなかったら誰かがその役割を担ってくれたはず。

そんなこと考えるとちょっと寂しいような気持ちになってきて。結局自分は何をしたらいいのだろうかと思ってしまう。何をしたって結局その程度。僕の代わりは他にもいるから。

うーん、自分は結局、特別扱いをしてほしいと思っていたんだなあ。赤ん坊の気持ちを持って自分は生きている。

 

それでも思うに、代替できることとやることは違っていて、例えば、自分の家族のことを一番大事に思っているのは自分。自分の赤ちゃんのオシメなら多少ウンコがつこうが替えるけど、他人のウンコだとちょっと無理。そりゃ頑張ればできるけど。

 

それは代替が可能だけど難しいこと。自分だからできることと言えなくもない。

きっと赤ちゃんも自分にオシメを替えてくれることを期待しているはず。それは他の誰かではなくて。

 

今の自分では、たくさんの人を一気に幸せにする力はない。

でも現状でも家族や仕事でかかわる近くの人を少しずつ幸せにすることが可能だと思う。その程度の力は自分にだってある。周りの人も、誰も知らない他人より、少しは縁のある人間に期待をしている事はあるはず。

自分も関わりのある人達にとって、幸せのきっかけを与えられるような人間になりたいと思う。少しずつでも自分は代替不可能人間になっていきたい願望があるのだった。