読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産投資で不労所得3000万円/年!を得るブログ 〜シロウトからスタート編〜

不動産不労所得3000万円を得られるようになるために、考えたり行動したりするブログ

おや?融資いただけそうだぞ!

いい物件が見つかる。

   ↓

⚪︎⚪︎信金に当たるも断られる

   ↓

このやらう!銀行のばかやらう!なんて保守的!フィンテックに飲み込まれろ!一生国債買ってろ!!

   ↓

あれ?2行目はなんか融資通してくれそうだぞ

   ↓

銀行さんマジ神!!!  (イマココ)

   ↓

銀行から本条件出してもらう たぶん悪い条件じゃないはず

   ↓

OK!! それで行こう!

   ↓

契約・決済  →  俺ってば不動産オーナー!!

 

 

こんな流れになるはず。

 

そもそも一行目の融資はちょっと不安も迷いもあったような気がしたけども、一度断られたら、なんとしても物件が買いたくなった。一度やられたらやり返したくなるというか、逃した魚は大きいというか、なんとなくわかってもらえると思うけど。

 

その気持ちが通じたからか、まさかの2行目で融資OK?

となりの金持ち兄さんは一番最初は十何行断られたと言っていたので、ありがたいことにだいぶショートカットさせてもらった。兄さんの援護射撃も効いたと思う。(この男は優秀で・・・。ヘッドハンティングしてきて・・・。来月から店長にします・・・。)

 

冷静になってみて、そもそも、今の自分によく融資なんかしてくれるな。と思う。

転職後職歴4ヶ月。未経験の業種に転職。担保なし。よくお金なんて貸せるよなーっていう笑

 

「物件価値が0になって、キャッシュフローも0になっても、今の給料で返していけると判断しました」とのこと。ありがたいですけど、いいんでしょうか。

「ーー2個目の物件を買うときはどう考えればいいでしょうか?」

「まずは合計で5000万程度に抑えてください」

 

!!!

 

銀行さんの理屈はわけわからんですね。

 

どこでもいろんなローカルルールがあるんだろうし、力を貸してもらいたいと思えば、ルールを知って取り組まないといけない。

次は5000万までというルールも教えてもらえた。十分すぎます。ありがとうございます。

 

不労所得3000万までの道がつながった感ある。