不労所得年3000万円!

不動産不労所得3000万円を得られるようになるために、考えたり行動したりするブログ

今話題のスルガ銀行で何ふりかまわず借りる。の巻

スルガ銀行に融資をお願いした。

 

いわゆるフリーローン。

金利は最低7.0%。

自分はこれで海外不動産を買うのだ!!

 

もはやインカムゲインしか期待できない国内不動産にはあんまり魅力を感じない。

国内不動産。それはスタートの手段。いわばファーストギア。

自分はセカンドやサードに入れていきたいのだ。

ファーストギアでいくらアクセルを踏み込んでも大したことにはならない。

 

3000man.hatenablog.com

 

 

不動産の基本は、インカムと、そして当たり前だけどキャピタルゲインだ!

そして、1stギアから入る私たちのような庶民、非資本家にとって、キャッシュフローがマイナスにならないことは大事なこと。

その両方を満たした物件があれば、それは買うべし!

それが、海外であろうと関係がない。むしろ、それは好条件である。

 

金利の安い国(日本)で借りて、利回りのいい国に投資する。

そして、キャピタルゲインをある程度見込める。

 

最高じゃないか!!

 

金利7パー、8パー どんとこい!

無担保融資で貸してくれるなら、何も文句は言わないぜ!

あんたはいい人だ!

 

世間ではかぼちゃの馬車が、とかよく言うけど。

中の人も気にしていたよ。

 

でもね。それは融資なんだから。ギャンブルして失敗したのは投資家も融資した人も一緒だよ。悪い人なんていない。ただ、結果があるだけ。そう思うよ。

スルガさん、あんたは悪くないよ。

いいやつだよあなたは。

 

融資に必要な資料とか、メールで送れるなんて、あなたのとこくらいですよ、ほんとに。

いまどきファックスで送ってくださいとか。全部電話で対応とか。

銀行って遅れてると思うけど。

メールが使えるってだけでどんだけ楽か。

 

PDFで保管している資料を一回印刷して、ファックスして、どんだけめんどくさいか。

ファックスなんてないところも多いんじゃないのか?

対応も細かくて助かるよ。

 

スルガ銀行みたいにリスクに対して適切に金利をつけて対応できるのは本当に価値だと思う。リスク0のものにしか貸さないって、それは銀行の仕事じゃないんでは?

 

 

さて、結果、振られました。

 

なんだよスルガ銀行

0回答ってなんだよ。

 

あんだけ期待させといて。0て。

 

「かぼちゃのなんたらとかありましてー」じゃねえわ

最初っからそんなのわかってた話やないんかい!!

 

 

あー買いたい。

どなたかフリーローンで7−8%くらいで貸してくれる先知りませんか??

まずは1000万程度でいいです。

 

 

ラットレースを抜け出したいなら、これをやるしかない。

 

 

投資の中でも、不動産投資は異質の存在だと思います。

 

なぜか。

 

不動産投資は、唯一、お金を借りてする投資だからです。

 

 

投資信託を買う。

REITを買う。

NISA口座で株の運用をする。

 

どれも結局タネ銭がないとなんともなりません。

日本の株の利率なんて、値上がりも配当も含めても5−6%くらいでしょう。(うまくいったとして)

100万投資して5万。

3000万のバックを得ようとしたら、6億円持っていないといけないことになる。

 

そのタネ銭がないから、どうにかしたいってことだっつーの!

 

 

そこで不動産投資ですよ。

 

たとえタネ銭を持っていないとしても、6億借りてくることができれば、3000万の所得を得ることは可能!

もしいくらでも借りていいのなら、60億借りれば3億円の不労所得を得ることができる。

なかなかのもんじゃない?

 

もちろん借り入れの返済と利息の支払いはあるよ。

ある程度不動産から得られる利回りを上げていければ、その差で、大きくお金を残すことはできる。

 

10%利回りの不動産を買ってきて、借り入れば3%

諸々諸費用で3%かかったとしても、差し引き4%のキャッシュが残る。

 

10億円の物件を買えたら、来年から4000万の不労所得を得ることができるってことだ!(話を簡単にしすぎたけど)

 

タネ銭がいらない投資。それが不動産投資。

 

 

世の中は格差社会。そしてその差はどんどん広がっている。

これはピケティが言った通り、投資をするために借金をできない人はそのままどんどん貧しくなってしまいますな。

 

格差を抜け出したいなら、ラットレースを抜け出したいなら、投資をするしかない。

わずかなお金では話にならない。つまり残された手は不動産投資しかない!

 

タネ銭を作るための投資。それが不動産投資。

 

あなたが、もし資産家でないのなら、検討すべきてであると自分は思います。

 

ポイントは、どうやって借りてくるか!

この点は次回!!

自動運転が、不動産を全て変えてしまう

自動運転車が町を走るようになると、世界が変わる。お金への考え方も変わる。という話をしたいと思います。

 

今、静岡県で一番地価の高い場所は静岡駅前の一角ですが、それはなぜでしょう?

行くに便利だから?町が栄えているから?それは二次的なことです。

正確には、人が集まっているから。が正解だと考えています。

 

例えば、縄文時代の場合を考えてみてください。

今の駅のある場所と、車でもなかなか行けない山の中と、人気に違いがあったでしょうか?

駅前の人気が高いのは、結果的に人が集まりやすくなったからです。

 

さて、自動運転ができると移動の費用・時間コストは大幅に下がります。

自動タクシーを使えば、人件費、駐車場代も要らない、エネルギーも超効率的に使います。

人の消費する時間も減ります。渋滞もしないように車同士が連絡を取り合います。車の中で寝てもいいし、朝食を食べてもシャンプーをしても仕事をしていってもいいでしょう。中にはシャワーを浴びながら移動するために専用自動運転車に乗るという人も出てくると思います。

今は電車に乗って通勤するために駅近くに住んでいる人も、それ以下のコストでタクシーに乗れるようになると、そちらを選ぶ人が増えてきます。

居酒屋さんも駅の近くにつくる理由がありません。お酒を飲んで車に乗って帰るのが普通です。イノシシを見ながらお酒を飲む場所があってもいいと思います。

企業も人を集めるため、ということで東京に本社を置く会社が多いですが、そろそろ意味がなくなります。

 

そうなればわざわざ駅の近くに住む必要はありません。

今はアパート暮らしでも、郊外の広い土地に平家を立てて生活したい人は多いです。

結果的に駅前の地価は下がります。土地の価格、ということ自体あまり意味がありません。ネットと通販網さえあれば、山の中で同じ生活がいよいよできるのです。(今までは移動手段が不便でした)

結果、駅前の地価が下がり、郊外全体が薄く値上がりすることになるでしょう。

でも今まで集中しすぎていた場所と郊外の広さのことを考えると、日本全体の地価が平準化する。という感じかと思います。

 

交通網は新幹線と飛行機だけが残るんでしょうね。

 

土地だけではありません。家だってそうですね。

今も家自体のコストは下がっていますが、もっともっと下がります。

3Dプリンターも投入されます。丈夫で軽い、安い家が郊外や山の中にどんどんできるでしょう。

 

今はお金教の勢力が強いです。

お金が必要で、お金があったらなんでもできる気がしています。

そしてお金で評価され、お金で死にます。

 

3000man.hatenablog.com

ただ、自動運転によってこのお金教が崩壊するかもしれません。

大金持ちでも貧乏でも移動手段は同じです(すごく安いので)。

違いは、車の中の飾り付けが有るか無いかくらい笑

ものすごくお金をかけると飛行機のファーストクラス的に使えるかもしれませんが。

 

お金があってもなくても変わらない。

であれば、お金の力はどんどん弱まっていくでしょう。

人は、お金があっても孤独だと幸せになれないことにやっと気づきます。

 

3000man.hatenablog.com

 

お金があってもなくても同じなら、幸せになるための行動=人間関係を作ることを考えます。それこそが幸せに直結するものと証明されているからです。

いままではお金教の力でその視点が歪められていたんですね。

 

 

さて、土地は人が集まる場所に価値があるのでした。では自動運転後の価値ある場所はどこでしょうか?

それは楽しい場所です。

今までは、便利な場所をお金で買っていました。

だけど楽しい場所は、人間関係の中でつくられていきます。

楽しい人間関係を作る仕組みがある場所こそ、未来では唯一価値のある場所です。お金が有る無しは今よりもっと関係がなくなります。

 

私はアパートの一室を無料のシェアスペースとして提供し、サロンを作って人同士が楽しく交流をできる仕組みを作っています。

人を幸せにするのは人間関係でした。

人間関係が人の健康を作り、年収さえあげます。

 

3000man.hatenablog.com

 

今はまだ実験段階ですが、この場所で生まれた楽しい関係が人を幸せにし、生産性をあげ、より楽しいことを生み出すループがつくれるのではないかと思っています。

いづれこの場所からヒーローが生まれます。

そのヒーローはお金を稼ぐ人ではありません。直接的に人間の幸せを稼ぐ人です。

 

 

どうですか?未来っぽいでしょ??

 

別件で書く文章があったので、予定から内容を変更して書きました。

副業と投資は全く違う どちらがあなたの幸せに近いのか

副業と投資は大きく違う。という話をしたいと思います。
 
 
副業とは、また、複業とは、
複数の仕事をこなすことです。
百姓は100の仕事をこなせる人、並行していろんな作業をできる人、と言う意味です。
元来、日本の多くの人たちはこれを行っていたということですね。
 
 
一方投資ですが、
投資とは、今ある資源を使って、より多くのお金を得ようとするものです。
 
100万円を使って、200万を得ようとします。
100万で物を仕入れて200万で売るとか。
100万で証券を買って、1年後に200万にするとか。
 
もしくは、あなたという労働力を売る手もあります。
コンビニに労働力を売って時給を稼ぐとか。
福袋に並んで、入っていたものを転売するとか。
美しい文章をつくって、出版するとか。
これは広い意味の投資かと思います。
副業をしていくということですね。
 
よって上記の考えの中では、
副業は投資の一部です。
 
 
さて、このブログを見てくださっている方たちは、基本的にお金を稼ぎたいという方だと思います。
手段として、副業で行くか、狭い意味での投資をするか、と考えた時、両者には大きな違いがあります。知っておいてください。
 
 
副業とは労働力の投資でした。
あなたの労働力は有限です。
また提供できる場所は、基本的にあなたがいるその地点になります。
 
よって、副業を重ねていっても、時間的空間的な自由を得ることは難しいです。
10時間働いている人が、そのまま20時間、30時間働くことはできませんよね。
労働集約型の作業をすることで、増やした収入の分、時間は減っていきます。
 
対して投資ですが、
大家さんのイメージをしていただきたいのですが、
大家さんは普段から忙しいということはありません。
労働の価値を売っているのではなく、資産の価値を売っているからですね。
 
よって、大家さんは時間的空間的な制約がなく、”資金が続く限り” 資産を積み上げることができます。
 
10棟の不動産を管理している大家さんは、お金を借りてこれさえすれば、20棟、30棟と資産を増やしていくことが可能です。別に忙しくなりません。
 
また、空間としても自由です。
労働力を売る際には、売る相手がいる場所、その市場にいる必要があります。
多くの場合は会社でしょう。
嫌な上司やソリの合わない同僚などと顔を合わせなくていけないのは、空間の自由がないということです。
好きな時に好きな場所に行くこともできません。
 
 
さて、あなたが目指すのはどちらでしょうか?
無論、どちらが絶対的にいいということはありません。
ただ、幸せへの寄与を考えた時に、優先すべき人間関係が何より大事。という前提では、時間と空間の自由を選べる方がいいですね。
 
ただ仕事は、新しい人に会ったり、人との関係を深めるのに非常に良いツールなので、必要なキャッシュフローを得たからといって引きこもってしまうのはもったいないことです。
仕事は何のためにするか、ということです。仕事をプラスに使ってください。
その意味で選べる自由がなかった時の方が幸せだったということもありえます。
 
 
上記が、副業と投資の大きな違いです。
 
さて次回は、投資の中でも、金融商品を買う投資と、不動産投資ではぜんぜん違うという話をします。
 
投資に制限はないという上記内容でした。
ただし、 ”資金が続く限り” です。
この点、うまく使えるように例外を押さえておくと良いよという話をします。

幸せへのアプローチ方法は2種類ある。

 

 

前回、幸せになりたいのなら、お金との向き合い方を考えたほうがいい。という話をしました。

3000man.hatenablog.com

 

 

せいぜい年収1000万もあれば十分で、これからはそんなにも要らなくなる。むしろお金を稼ぐことで幸せから遠ざかることになるかも。

 

なぜなら、人の幸せを決めるのは人間関係だからです。

年収を100万あげるためにパートナーや家族、友人、これから会える大事な人との時間を犠牲にしてませんか?

それはお金を得て幸せから遠ざかる行為になっている可能性があります。

 

 

さて、私の話ですが、副業をしています。投資をしています。メインは不動産投資です。

不動産投資は100%お金を稼ぐためにしているものです。

自分の時間を使わなくても稼げる方法です。間接的には人間関係の構築のための時間作りとも言えますが、稼ぐための手段としての投資です。

 

一方、友人に住んでもらい、大学生の下宿の雰囲気を出す場所、通称タマリバが昨年の12月にスタートしました。

タマリバは、ただただ、楽しいだけの場所です。お金を稼ぐことは目的にしていませんし、仮にお金を稼げる方法があったとしても楽しくなかったらやらないことにしました。

 

不動産投資は、

お金を稼ぐ→時間ができる→楽しいことをする という順番。

 

タマリバは

楽しいことをする→イエイ!! という順番です。

 

一応、理論通り進めば、このあとは、

楽しいことをする→イエイ!!→なんかお金も入ってきたし、健康になったし、寿命も延びた。→イエイ!! 

 となるはずです。

 

自分としては、この2方向からのアプローチを試したい。

理屈通り行けば、タマリバからみんなの幸せが広がっていくはずです。

お金を一人でシコシコ稼ぐより、もっと早く、たくさんの人を幸せにできます。

 

 

幸せな人間関係は、表面的なものではありません。

もっと深い話をみんなとしたい。

 

それは、悩みかもしれないし、夢かもしれないし、

でもそれは深刻ではなくて、楽しい、おどけた、酔っ払った、お菓子やご飯を食べながら、時にスーファミや64をしながら、あっちのほうではマンガ読んでたり、寝てたり、海に向かって叫んだりしながらでてくるエネルギーだと思うんです。

 

実際やっててめっちゃ面白い。

マンガもゲームもなんだか揃ってきたけど、なんだかんだ20時間くらいしゃべり続けるような場所になってます。

 

このあとタマリバは、夢実現化装置になっていきます。

タマリバに来た人全員の運気が上昇します。

 

 

副業というとお金に執着しがちですが、お金とは幸せになるための手段です。

そして幸せになるためだったら、お金を稼ぐことよりその使い方のほうが幸せにとっては重要です。

 

 

楽しいからやるのか。

楽しいことのために我慢してやるのか。

 

一人でやるのか。

みんなでやるのか。

 

アプローチの仕方で、結果の現れる速度も実現可能性もかなり変わってくる。

 

副業は、なんのためにするか。

結論はここに戻ってきますが、

あなたの副業・複業は、イエイ!!につながっているでしょうか??